学力世界1位!フィンランドの教育って?

公開日: : 未分類 ,

bsYUKA_eigokyoushi15215934

学力世界1位!フィンランドの教育って?

フィンランドってどんなとこ?

finland

毎年PISAと呼ばれる15歳児を対象とする学力調査が行われており、2015年の調査で日本は4位となっています。
数学的なリテラシーが足を引っ張っており、読解力や化学的リテラシーが主に高い水準を維持しているようです。
昨今、””日本の学力が落ちた””と言われていますが、北欧の国フィンランドは、長年に渡り高い水準の学力を維持しています。最近記事にもしましたが、国で初めてベーシックインカムを導入検討しているという噂があったりしていました。そんなフィンランドはどういった国なのでしょうか。またどういった教育体制をもっているのでしょうか。

フィンランドは北欧の寒い地域に属する国であり、面積は日本より少し狭いくらい、人口は兵庫県、福岡県と同程度と比較的小さな国家です。寒い国にも関わらず四季の移り変わがしっかりしていたり、夏の白夜と夜の明けない冬、など興味深いたくさんのコントラストであふれています。
また日本でも有名なムーミンが住んでいることでも知られていますね。

 

フィンランドの教育制度について

フィンランドは子どもが生まれると、国から母親全員にベビー服や布団、哺乳びんや絵本などのセットが届き、17歳までの子ども全員に月1万3千円が支給されるという非常に子育てを推奨している国です。また授業料が無料というだけでなく、子どもたちには通学手段、給食、教科書や学用品が無償で提供されるようですね。
日本では給食費の未納問題などがありましたが、そんなモンスターペアレンツもフィンランドなら黙りそうです。

www_dotup_org4747542

また授業時間数はOECD加盟34カ国の中で最も少ない国なのですが、すべての子どもがわかるまでを基本に、結果平等の教育が徹底され、学習に困難が生じている子どもに対しては、即座に特別支援教育によるケアが実施されるとのこと。格差をなくし、どこでもいつでも学べる学校にして、学級内では学力差に応じて個別指導ができるようにし、その結果、国全体の学力差を最も小さくしながら国際的に学力を最も高くしているんですね。
地域別の学力テストなどもなく、強制した競争環境に子どもを置かないことで、自発的に学ばせること重視させているといったところでしょうか。日本とは正反対といえるかもしれません。

 

教育に対するフィンランドの考え方

またフィンランドは高福祉・高負担を支える公共の精神を育む教育を中心におき、『教育こそが国家の貴重な資産』とみなして大事にしてきたという歴史的側面があります。教職の社会的地位が非常に高く、教員組合の力も強いので教師を志す人も多いそう。日本とは違い、勤務時間が少なく、部活動に多大な時間を割かず、授業の準備時間などに多くの時間を割くようです。

教師をしている友達が多いのですが、こういった話を聞いたら発狂しそうですね。今の日本の先生たちは非常に大変そうで、平日は朝早くから夜遅くまで学校に残り、たまの休みも部活動で半日つぶれるといった生活を繰り返しているそう。
先生のレベルの低下などもいわれていますが、フィンランドのように、教職を大事にして皆が志す夢ある職業にしてもらいたいですね。

関連記事

ブサ可愛い猫がY!mobileのCMで話題に?ふてニャン人気?名前は春馬?

猫はなんでこんなに可愛いのか! ソフトバンクの低価格ブランドである「ワイモバイル」のCMに主演

記事を読む

auCM好感度1位に

ソフトバンクの9連覇阻止!auの三太郎CMが好感度TOPに CM好感度争い!1位はau2位はソフト

記事を読む

アニメ業界大打撃!色鉛筆が生産終了へ。懐かしの色味が消える?

【さようなら】三菱の硬筆色鉛筆が生産終了 三菱鉛筆が販売する硬筆色鉛筆7700番の赤色

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ロンブー敦、ナイナイ岡村・・・覚せい剤疑惑に怒り心頭?

ロンブー敦「絶対ありえない」ナイナイ岡村も「訴えられへんの?」 お笑

すごすぎる!オリラジ藤森が割れた腹筋を披露!

オリラジ藤森、腹筋公開! お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎

【もちろんノーバン】神スイングこと稲村亜美さんが始球式でも神投球?

神スイングは投球も神だった! 神すぎるスイングが有名となった話題の現

レオナルド・ディカプリオさんオスカー初受賞

おめでとうディカプリオ! ハリウッドの大スター、レオナルドディカプリ

TERUさんも賛同”日本死ね”ブログ

日本死ねブログに対する反応 人気ロックバンドGLAYのボーカル、TE

→もっと見る

PAGE TOP ↑